女性専門の薄毛治療ができるクリニックを徹底比較

女性の社会進出に伴い、薄毛に悩む女性が増えています。ある調査では、なんと10人に7人の女性が薄毛に悩んでいるというデータもあります。一方で薄毛で悩む男性も増えており、日本の成人男性の薄毛人口は約1300万人もいるといわれています。男性の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)と言われるものです。近年では、女性のAGAとも言うべきFAGA(女性男性型脱毛症)になる方も増加しています。薄毛はもはや男性だけの悩みではないのです。

男性の薄毛やAGA(男性型脱毛症)は病院で治療するのが一般的になってきました。女性の薄毛・FAGAに関しては、病院で男性と同じような治療を受けることで改善できるとは限りません。それは、男性型脱毛症は遺伝が主な原因であることが多いですが、女性の薄毛は女性特有の原因があるためです。

一般的に男女共通の薄毛の原因としてストレスや生活習慣、遺伝などあげられます。女性の場合はさらに冷え性やダイエット、産後による女性ホルモンの乱れに伴う脱毛が関係しています。女性特有の原因が絡んでいるので、抜けが増える原因がより複雑になっています。

また、女性の薄毛の症状も男性と異なり、びまん性脱毛症という症状になるのがほとんどです。男性に多いAGAは、髪の生え際が後退し、頭頂部が薄くなる症状が特徴的です。女性に多いびまん性脱毛症は、全体的に髪の毛が薄くなり、髪全体のボリュームが減ってしまうのが特徴です。

そのため、女性の薄毛には、男性の薄毛治療専門病院ではなく、女性の薄毛治療を専門として行っている病院を選択するのがおすすめです。

女性の薄毛・FAGA治療におすすめのクリニック

女性の薄毛・AGA治療に行っているクリニックのうち、口コミで評判の良い専門クリニックをピックアップ! そのうち、料金の明確さ・通いやすさ・治療実績・女性専門である等のポイントで比較した結果、おすすめのクリニックを紹介します。 あなたの薄毛症状の進行具合や希望の治療方法に合った病院を選ぶ際の参考にしてみてください。

患者に合わせて治療薬をオーダーメイド処方
投薬治療

19年で190万人という発毛治療実績を持つヘアメディカルグループ。2016年には年間の患者数が35万人にもなったほど人気の高いクリニックです。テレビ番組で薄毛の特集をするときにはヘアメディカルの医師が出演することも多いです。その中で女性の薄毛を専門にしているのがヘアメディカル ビューティーとなっています。
女性の頭髪専門外来で、女性専用の待合室があり、女性スタッフが対応するといった女性患者への配慮が十分になされているので安心して通院できます。
治療は、ミノキシジル・パントガールなど治療薬の投薬治療が中心です。各自の薄毛症状に合わせて院内で薬をオーダーメイド処方してくれます。料金も明確で、医療ローンを組まされることはなく、都度払いが可能なので安心して計画的に通院することができます。ターミナル駅から近い立地にあり、通いやすいところもポイントです。

カウンセリング 無料
初診料 5,000円(税別)
検査費 5,000円(税別)
再診料 ※1ヶ月 15,000円~32,000円(税別) ※薬代込
発毛効果が高いオリジナル治療が好評
投薬治療 育毛メソ

頭皮治療と治療薬のオーダーメイド処方を組み合わせた独自の治療であるヘアジニアス・プログラムを採用し、高い治療効果を上げているクリニックです。 患者一人一人に合わせたオリジナル治療を実施しているため、高い発毛実感率を維持しています。女性医師が常勤しており、薄毛・抜け毛治療プランを提案していただけるので、安心して治療を進めることができます。

カウンセリング 無料
初診料 3,000円(税別)
検査費 10,000円(税別)
オーダーメイド処方 ※1ヶ月 25,000円(税別)~
医療発毛頭皮ケア ※1回 60,000円(税別)~
女性患者のみの女性薄毛治療専門
投薬治療 育毛メソ 自毛植毛 毛髪再生

オリジナルの発毛薬を用いた投薬治療と、オリジナル発毛カクテルを頭皮に注入するFAGAメソセラピーを組み合わせた独自の治療を受けることができる女性の薄毛治療専門クリニック。女性患者のみに対応するため、男性患者に合うことなく治療が進められます。 発毛実感率99.4%・全国展開のAGA治療専門クリニックであるAGAスキンクリニックの治療技術を導入しており、女性の薄毛でも高い発毛効果が期待できます。

カウンセリング 無料
初診料 5,000円(税別)→無料 ※キャンペーン中のみ
検査費 20,000円(税別)→無料 ※キャンペーン中のみ
パントガール ※1ヶ月 8,000円(税別)→7,000円(税別) ※初回キャンペーン中のみ
Dr'sメソ(FAGAメソセラピー) 1回(2cc) 50,000円、1回(4cc) 70,000円
FAGA幹細胞再生治療 1回(2cc) 60,000円、1回(4cc) 80,000円
発毛効果が高いオリジナル治療が好評
投薬治療 育毛メソ

銀クリとしてCMでもお馴染みの銀座総合美容クリニック。 男性のAGA患者だけではなく、女性患者への薄毛治療を行っています。治療薬だけではなく総合的な発毛治療を実施。 針を使わない育毛メソセラピーが可能なので、育毛メソセラピーを受けたいけど痛いのは苦手という方におすすめです。 明確な料金体系を提示し、他のクリニックと比べて良心的な治療費設定なので、安心して通院することができます。

カウンセリング 無料
初診料 3,240円(税込)
検査費 男性:5,400円(税込)、女性:9,720円(税込)※血液検査
再診料 無料 ※初診以降は薬代のみ
AGA内服・外用薬治療 ※1ヶ月 7,200円~18,900円(税込)
メソセラピー ノーニードル育毛メソセラピー 1回 19,440円(税込)
患者に合わせたオーダーメイド処方可能
投薬治療 育毛メソ 自毛植毛 毛髪再生

内服薬や外用薬を用いた投薬治療、メソセラピー、幹細胞を頭皮に注入するケラステム毛髪再生治療、さらに自毛植毛まで、様々な薄毛治療を受けることができるクリニックです。豊富な薬剤があり、患者それぞれに合わせたオーダーメイド処方ができます。

パントガール ※1ヶ月 12,000円(税抜)
グロースファクター再生療法 ダーマスタンプ法(1回):55,000円(税抜)
エレクトロポレーション法(1回):64,000円(税抜)
ケラステム毛髪再生 1,500,000円(税抜)
院長はHARG(ハーグ)療法開発者
ハーグ治療

他の治療法と比べて高い発毛効果のあるHARG(ハーグ)療法を開発した福岡医師が院長のクリニック。 再生医療により発毛させることが特徴で、副作用も少ないので安心して治療を進めることができます。HARG(ハーグ)療法は、男性ホルモンの影響を受けにくい女性の薄毛には特に効果的といわれています。

カウンセリング 無料
初診料 5,000円(税込)
コース(通院) ※20万円×治療回数 6回:120万円(税込)、8回・PRP療法2回:160万円(税込)※PRP無料キャンペーン、10回・PRP療法2回:200万円(税込)※PRP無料キャンペーン
単回 ※コース終了後のフォローアップ 1回:23万円(税込) ※2回までは無料、3回目以降に1回分費用発生
痛くない育毛メソセラピーを低価格で実施
投薬治療 育毛メソ

注射器を使わずに成長因子を頭皮に注入し毛髪の再生をさせる治療・ノンニードルタイプの育毛メソセラピーを低価格で受けることができるクリニックです。始めやすい料金設定なので、経済的な理由で治療したくてもできなかったという方にも。また、効果が出ない場合の返金保証制度もあるため、安心して治療を進めることができます。

カウンセリング 無料
治療費 ※1ヶ月 16,000円(税別)~(※治療範囲:500円玉1個程度)
育毛・美髪点滴 5,000円(税別) ※初回のみ、2回目以降は10,000円(税別)
自毛植毛を含む治療法検討が可能
投薬治療 育毛メソ 自毛植毛 ハーグ治療

患者の頭皮や毛髪状態に合わせて、内服薬や外用薬での投薬治療、育毛メソセラピー、自毛植毛の3つの治療法を組み合わせた治療を提案。適切な治療を施すためAGA遺伝子検査も実施しています。自毛植毛を含めて治療方法を検討したい方におすすめのクリニックです。

カウンセリング 無料
初診料 無料
検査費 ※血液検査 2,160円(税込)
再診料 無料
AGA治療薬 ※1ヶ月 1,800円(税込) ※初回限定トライアルキャンペーン
痛みが少ないノーニードルハーグ治療
投薬治療 ハーグ治療

針を使わず出血・痛みがほとんどない毛髪再生医療ハーグ治療を受けられるクリニックです。 発毛率99%のハーグ治療の認定医療機関で、診察カウンセリング、薬の処方~治療まで全て院内にて提供可能です。 育毛コースや発毛治療コース等、女性の薄毛に対応した発毛効果の高い治療コースを用意しているので、ご自身の薄毛症状に合った治療を進めることができます。 女性の毛髪診断士が在住しているため、女性患者でも安心して治療に関する相談を受けることができます。

カウンセリング 無料
HARG治療 80,000円(税込)~
LED発光光治療 1回5,000円(税込)~
パントガール ※1ヶ月 8,000円(税込)
ロゲイン ※3ヶ月 12,000円(税込)
プラセンタ注射 ※1A 1,300円(税込)

ヘアメディカルビューティーのここに注目!

明朗会計・治療実績が高い発毛治療専門クリニック

ヘアメディカルビューティーは、日本初の頭髪治療専門クリニックです。 発毛治療を専門としたクリニックで、ただ単にAGA治療薬であるミノキシジル・パントガールなどを単剤で処方するという治療ではなく、患者に合わせて独自に調合する院内製剤での治療をメインとするため、高い発毛効果が期待できます。
また、他のFAGA・女性薄毛治療クリニックでよくある、高額サービスへの営業もなく、明朗会計で医療ローンなどの縛りもないため、安心して通院できます。

発毛治療専門クリニック
FAGA・薄毛治療が可能なクリニックの大半は美容系クリニックで、薄毛症状の進行を遅らせて現状維持させる程度です。しかしヘアメディカルビューティーは発毛治療専門のクリニックで、患者の体質・毎月の診察時の体調・症状に合わせてクリニック独自で調合した院内製剤を処方するため、高い発毛効果が期待できます。

明朗会計で安心
料金は定額で、オプション込みで毎月3万円程度。 他の薄毛治療クリニックと比べて月にかかる費用が高いように感じるかもしれませんが、他のクリニックでは植毛などの高額サービスの営業があり医療ローンなどで縛られることもあります。 途中で治療を辞めたくなっても、医療ローンだけが残るケースも少なくありません。
ヘアメディカルビューティーは、高額サービスの営業はなく、医療ローンなどの縛りがありません。 都度払いで費用は来院した時のみに支払えばよいので、安心して通院できます。

症例数が多い
ヘアメディカルグループとして、19年で190万人という症例数の治療実績があります。

駅から近い場所にある
ヘアメディカルビューティーはターミナル駅から近い立地にあるため、通いやすいです。毎月通院することを考えると、より駅から近いクリニックであることも重要なポイントです。

ヘアメディカルビューティー 詳細はこちら!

女性薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリングや治療の流れ

女性の薄毛治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、女性の薄毛治療専門クリニックとして定評のある東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療の流れについて取材しました。
東京ビューティークリニックのカウンセリングの流れはこちら

女性薄毛治療で病院・クリニックを選ぶポイント

数多くある女性専門薄毛治療クリニック。どのクリニックでも同様の治療を受けられるとは限りません。 なかには、女性薄毛治療に関する知識が少なく、治療薬の単剤処方のみでなかなか発毛効果が実感できないクリニックもあります。また、高額サービス営業で医療ローンなどに縛られるクリニックもあります。

ここでは、女性薄毛治療クリニックを選ぶ際に重要となるポイントについて紹介します。

明確な料金体系
女性の薄毛治療をクリニックで受ける場合、気になるのが治療費。薄毛治療は保険適用外で自由診療であるため、治療にかかる料金が高額になることも少なくありません。後から高額なサービスやオプションを追加することで治療費が高額になることもあります。
明確な料金体系 詳細へ
治療実績・発毛効果
女性の薄毛治療は費用・期間もかかるため、より治療実績が高く、発毛効果の実感が期待できるクリニックを選びたいところです。 クリニックのなかには発毛実感率が90%以上の薄毛治療専門クリニックも存在します。
治療実績・発毛効果 詳細へ
女性専門クリニック
女性の薄毛治療を行っているクリニックのなかには、女性患者のみを対応するクリニックである、女性専用の待合室がある、対応するスタッフが女性等、女性患者への配慮がなされているクリニックがあります。
女性専門クリニック 詳細へ

発毛効果が期待できるクリニックの女性薄毛治療

一言で女性の薄毛治療といっても様々。クリニックで受けられる、発毛効果が期待できる女性薄毛治療にも種類があります。

ミノキシジルやパントガールなど、臨床試験で発毛効果が証明された治療薬を使用した投薬治療の他にも、女性薄毛治療専門クリニックでは、育毛メソセラピーやHARG(ハーグ)療法、外科的手術を伴う自毛植毛など、より高い発毛効果が期待できる薄毛治療も受けることができます。

ここでは、女性薄毛治療病院を治療別に比較し、女性薄毛治療で病院・クリニックを選ぶポイントを含めたおすすめの病院を紹介致します。

女性薄毛治療薬パントガール
パントガールは、女性特有の薄毛症状として最も多くの女性にみられるびまん性脱毛症に効果を発揮するとされている治療薬です。毛根を活性化させることで、髪の毛の細胞の代謝を促進させる作用を有しており、抜け毛を減少させる効果が期待できます。
女性薄毛治療薬パントガール 詳細へ
女性薄毛治療薬ミノキシジル
頭皮の血流が悪化すると、髪の毛に成長に必要な栄養が届かなくなり、抜け毛が増え、薄毛の原因となります。 ミノキシジルは、日本皮膚科学会の「AGAの診療指針」でA評価を受けた、医学的根拠のある治療薬です。 毛細血管を広げて、頭皮の血流を促進させることで、髪の成長を促すことで、薄毛を改善させることが期待できます。
女性薄毛治療薬ミノキシジル 詳細へ
女性薄毛治療薬スピロノラクトン
スピロノラクトンは、抜け毛の原因となる悪玉脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑えることで、薄毛の進行を抑える効果があるとされる治療薬です。 パントガールやミノキシジルで治療効果が十分でない方に対して、一部の専門病院で処方されている治療薬です。
女性薄毛治療薬スピロノラクトン 詳細へ
育毛メソセラピー
頭皮にヒト由来の成長因子が配合されている薬剤を、注射器やダーマローラー・ダーマスタンプといった最新器具で直接注入する最新の発毛治療法。頭皮に直接注入するため、多くの場合は若干の痛みを伴いますが、最近では痛みの少ない治療法も登場してきています。
育毛メソセラピー 詳細へ
HARG(ハーグ)療法
発毛を促す各種成長因子を配合した有効成分を含むHARGカクテルを頭皮に直接注入する最先端の毛髪再生治療。 髪の毛をつくる細胞にアプローチすることで、細胞の本来の働きを取り戻すことができるため高い効果が出るといわれている画期的な治療法です。
HARG(ハーグ)療法 詳細へ
自毛植毛
ミノキシジルとパントガールなどを使用した投薬治療でも効果がなかった場合の治療として、AGA診療ガイドラインでも推奨されている自毛植毛手術。自分の毛を移植するので、髪の毛を増やして早く薄毛を改善したいという方におすすめの治療法です。
自毛植毛 詳細へ
プラセンタ発毛治療
女性薄毛治療法のひとつとして行われているのがプラセンタ発毛治療。タンパク質やアミノ酸等の栄養や成長因子を豊富に含むプラセンタを頭皮に直接注射することで、毛母細胞を活性化させ、発毛を促す治療法で、HARG療法のひとつとして行われています。
プラセンタ発毛治療 詳細へ
PRP(多血小板血漿)療法
厚生労働省からの認可を受けている再生医療のひとつであるPRP(多血小板血漿)療法。本人の血液中の血小板から成長因子を抜き出して、頭皮に注入する治療法です。血小板に含まれる成長因子が成長の止まった毛根に作用することで、発毛を促し、薄毛を改善させる治療法で、副作用も少なく効果が長続きするといわれています。
PRP(多血小板血漿)療法 詳細へ
治療薬パントスチン
女性の薄毛治療のスタンダード薬として使用されているパントスチン。パントスチンの有効成分であるアルファトラジオールが、薄毛の原因となる成分を抑制し、悪性脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンを阻害することで、薄毛の進行を抑えることができます。 副作用が少ない薬なので、育毛を促す薬と併用しながら長期的に使用することで高い効果が期待できます。
治療薬パントスチン 詳細へ
治療薬ロゲイン
厚生労働省が認めた育毛剤の成分ミノキシジルが2%配合された女性薄毛治療薬ロゲイン。 有効成分のミノキシジルがホルモンバランスを整え、薄毛を予防することができます。また、有効成分ミノキシジルには、血管を拡張する作用もあるので、発毛を促す効果も期待できます。
治療薬ロゲイン 詳細へ
治療薬リアップリジェンヌ
壮年性脱毛症の女性に効果が期待できる女性薄毛治療薬リアップリジェンヌ。発毛成分ミノキシジルだけではなく、栄養補給成分も配合されており、即効性はないものの継続して使用し続けることで、壮年性脱毛症による抜け毛の進行予防や発毛や育毛を助けることが期待できます。
治療薬リアップリジェンヌ 詳細へ

女性薄毛の基礎知識

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?
男性の薄毛症状として主にあげられるのがAGA(男性型脱毛症)である一方、女性の薄毛症状としてあげられるのが、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。 男性のAGAは、その原因の多くが遺伝である一方、女性のFAGAの原因は、男性とは異なり、複雑に要因が絡み合っており、女性特有の薄毛原因もあります。 女性の薄毛治療を行う際には、女性特有の原因も考慮しつつ治療を進める必要があります。
FAGA(女性男性型脱毛症)とは? 詳細へ
女性薄毛治療での副作用
女性薄毛治療病院で主に行われる投薬治療。人によっては、治療薬投与による副作用が起こることもあります。 個人により発症の有無や程度は異なりますが、投薬による治療を検討している方は、知識の一つとして把握しておく必要があります。
女性薄毛治療での副作用 詳細へ
女性薄毛の実態調査
近年、薄毛に悩む女性が急増中!とある女性薄毛治療専門クリニックでは、3年間で約30倍も女性患者数が増えているというデータもあります。 はたして女性の薄毛の実態はどうなっているのでしょうか。気になる女性の薄毛に関する実態の調査結果について紹介したいと思います。
女性薄毛の実態調査 詳細へ
治療薬の個人輸入
女性の薄毛治療薬は、日本国内では医師の処方箋がないと購入できません。ところが、パントガール等一部の治療薬については、海外でも販売されているため、海外から個人輸入することで購入が可能です。 しかし、治療薬を個人輸入するにあたっては大きなリスクがあります。リスクをよく理解したうえで、個人輸入する必要があります。
治療薬の個人輸入 詳細へ
女性の薄毛対策になるシャンプー法
薄毛を予防するためには、頭皮を健康な状態に保つように、正しいシャンプーを行うことがポイントです。 間違った方法でシャンプーを行うと、頭皮に皮脂が詰まったり、頭皮が乾燥してしまい、抜け毛が増えてしまう可能性があります。その結果、薄毛部分が余計に目立ってしまうことになります。
女性の薄毛対策になるシャンプー法 詳細へ
自分でできる!女性の薄毛対策
薄毛が気になり始めたら、専門病院へ相談に行って、専門医の下治療を受けると同時に、自分でできる薄毛対策を行うのが効果的です。 髪の成長に必要な栄養をしっかり摂取すること、ブラッシングで今ある髪をボリュームアップさせること等、自分でできる薄毛対策があります。
自分でできる薄毛対策 詳細へ

女性薄毛治療をオンラインで行う遠隔診療とは?

遠隔診療とはスマホやパソコンを使用し、オンライン上で専門医からの診察が受けれる機能です。この診察方法では通院や待ち時間といった心配がなく、例えば仕事が忙しく定期的に病院やクリニックに行けない人でも利用しやすいのがメリットです。特に薄毛治療といったデリケートな治療では何人かが利用をし、対面での薄毛治療に抵抗があるという女性も利用しやすいのが特徴です。

遠隔治療は本来離島など居住地の問題で定期的な通院や診察が難しい人が主な対象でした。しかし2015年8月に、対象が限定されないようになったのでどなたでも受けれるようになりました。ただ、初診は対面診察が必須であり、初診はしっかり病院やクリニックへ行かないといけません。

女性薄毛治療を遠隔診療するメリット

遠隔診療においては医師法第20条において今までは原則禁止とされていましたが、2015年に厚労省からだされた通達により、事実上解禁されました。

薄毛治療にも必要に応じ遠隔診療が認められこれはメリットが多いです。というのも、治療を望む人がクリニック等に実際に行かなくていいので、そういった意味で、時間と交通費等が節約できると言う点がメリットです。

デリケートな部分の治療に関しても大きなメリットがあると言えます。それは、診察治療をインターネット上で行えるので、デリケートな問題を恥ずかしくて治療できないという問題を解決してくれます。

女性等で薄毛の問題は人それぞれですが、医師等の専門家に相談したいけど恥ずかしくて行けない人がいた場合この問題を遠隔治療では緩和してくれます。

女性薄毛治療を遠隔診療するデメリット

女性でも薄毛を気にしている人は意外に多く、薄毛治療にも興味を持っている人が多いのが現状です。今現在、遠隔診療というものもありますが、遠隔診療というと女性にとって少しデメリットもあります。

この治療のイメージとしては最初から最後までオンラインにて通院しなくても治療を行えるという印象を持っている人が多いです。治療を行うとき、症状を見るカウンセリングはどんな場合にでも必要となります。対面診療が必要なケースもあれば、遠隔診療で十分伝えることができるケースもあります。それは、個人個人の症状や経過によっても変わります。

従って、初診や、治療が落ち着くまでは対面での診療をした方が良いです。女性が初めのうちに、通院するとなると人目に触れることも多いデメリットがあります。

女性の薄毛症状とその原因

びまん性脱毛症

薄毛に悩む女性の40%にみられる症状で、間引いたように髪の毛が全体的に薄くなるのが特徴です。 特に、頭頂部や髪の毛の分け目が薄くなり、髪の毛のボリュームダウンが顕著になります。

男性の薄毛として代表的な症状である、男性型脱毛症(AGA)の場合は、髪の毛が完全に抜け落ちる症状がみられることもありますが、びまん性脱毛症の場合は、完全に抜け落ちるというわけではなく、髪の毛が全体的に薄くなる程度です。

徐々に症状が進行していくため、初期の段階では気づきにくく、薄毛が進行した段階で症状を自覚するケースが多いです。

女性の薄毛の原因は未解明なところが多いですが、びまん性脱毛症は、専門医の指導・治療により、薄毛の症状が比較的改善する可能性が高いといわれています。 頭頂部や分け目の薄毛が気になってきたら、女性の薄毛治療専門病院へ相談することをおすすめします。


●びまん性脱毛症の原因

女性の薄毛症状の原因は解明されていない部分が多く、様々な原因が複合的に合わさって、症状が現れるといわれています。

びまん性脱毛症に関しては、加齢や無理なダイエット・ストレス等が原因で起こるといわれていますが、特に40代以降の女性に関しては、更年期に伴うホルモンバランスの変化によって起こることが多いようです。

分娩後脱毛症

髪は女性にとってとても大切ですが、分娩後急に薄毛になってしまったと悩む女性は少なくありません。妊娠、出産がきっかけとなる脱毛症に分娩後脱毛症があります。妊娠している間、赤ちゃんの成長に欠かせないため栄養が赤ちゃんの方へといってしまいます。そこで、急に毛髪が細くなったり、抜けやすくなったと感じる女性も少なくありません。


●分娩後脱毛症の原因

分娩後脱毛症としては女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな原因の一つであると考えられています。

妊娠中は女性ホルモンが通常時よりも多い状態になっています。女性ホルモンが多いと髪の毛や体毛が増えたように感じる方もいるほど、髪が濃くなったり、抜けにくくなります。しかし、出産をするとこれまで多い状態であった女性ホルモンが急に減ってしまいます。ホルモンバランスの変化で髪の毛が増えたり減ったりしますが、出産後除々に女性ホルモンのバランスが安定してくると薄毛も元に戻ってきます。

特に初めての妊娠、出産になると、ナーバスになる方も多く、出産後赤ちゃんの夜泣きや慣れない世話で寝不足になってしまうとストレスや疲労で抜け毛が解消しないという場合もあります。ストレスは貯めずに、周囲にも手伝ってもらうと髪の回復も早いでしょう。

脂漏性脱毛症

女性にとって髪は大切な体の一部であり、だからこそ薄毛になると自信を失ったり外出する意欲が出なかったりするきっかけにもなりがちです。そんな薄毛症状が出てしまう原因はさまざまありますが、中でも脂漏性脱毛症とよばれる皮膚炎が背景にある場合があります。

脂漏性脱毛症とは、頭皮の皮脂の過剰分泌によって皮膚炎が進行し脱毛を引き起こしてしまう皮膚疾患のひとつです。皮脂分泌が過剰になることでマラセチア真菌という常在菌が異常増殖し、炎症を引き起こします。このマラセチア真菌は皮脂を好むため毛穴にも多く存在しており、異常増殖すると毛穴で分解された中性脂肪が頭皮に刺激を与えてしまいます。炎症の初期症状として、フケやかゆみ、頭皮の赤みなどが挙げられます。これらの炎症症状を放置すると、髪の毛に栄養が行き渡らず脱毛へと繋がってしまうのです。


●脂漏性脱毛症の原因

頭皮の皮脂過剰分泌が起こる原因として、不規則で偏った食生活や生活習慣、脂っこい食生活、女性ホルモンの乱れ、さらにはシャンプーによる過衛生などが考えられます。脂漏性脱毛症になってしまったら、皮膚科に通って過剰に増殖してしまった真菌の繁殖を止めたり、低刺激なシャンプーに変えて頭皮のケアを同時に進めていく必要があります。もちろん薬や洗髪による適切な頭皮ケアも大切ですが、規則正しい生活と栄養バランスが整った食生活を心がけることを忘れてはなりません。

粃糠性脱毛症

女性の薄毛の原因は人によって異なりますが頭皮にフケが目立つ場合には粃糠性脱毛症の可能性があります。頭皮の毛穴に乾燥したフケが入り込むと菌が繁殖し、炎症が起きてしまうことがあります。この状態になると毛を成長させる毛母細胞の活動を妨げてしまうため結果として抜け毛が増えてしまいます。過剰な皮脂の分泌が原因の脂漏性脂漏性脱毛症とは異なり粃糠性脱毛症は乾燥などによって角質がおちフケが目立つことが特徴となっています。


●粃糠性脱毛症の原因

粃糠性脱毛症の原因はストレスや過度なダイエット等による自律神経の崩れやホルモンのバランスの乱れによって常在菌が異常繁殖してしまっていることがあります。洗浄力の強いシャンプーやヘアカラーなどで頭皮へ強い刺激が与えられたことで頭皮トラブルがおきている場合もあります。

治療方法としては洗浄力が弱いシャンプーや殺菌系のシャンプーなどを使ってフケや炎症を抑えるようにすれば軽度の場合には改善が見込めます。自分でおこなえる対策をとっても改善が見込めない場合は早めに医師に相談しましょう。薬を使う場合にはステロイド系の外用薬を使用して頭皮の炎症を治療します。生活習慣の見直しや刺激の強い食事を控えることも大切です。

円形脱毛症とその原因

今や成人男性の5人に1人は薄毛に苦しんでいると言われていますが、女性も例外ではありません。コイン大の抜け毛が見つかれば円形脱毛症の可能性が高いため、悪化しないよう治療するようにしましょう。

円形脱毛症というと一般的には極度のストレスが原因と思われていますが、実際には二つの間の関係ははっきりとは解明されていないのです。どちらかというとストレスは原因ではなく誘因であり、自己免疫疾患こそが主な原因と最近では考えられています。

自己免疫疾患というのは自身の身体の組織を外部の異物であると誤認して攻撃してしまう症状を指します。なぜこのような異常が起こってしまうのかもまだ分かっていませんが、それにより本来なら細菌やウイルスといった外敵から身を守る働きを持つリンパ球が成長期の毛包を攻撃してしまい、毛包が縮んで髪の毛の成長が止められてしまうのです。

その進行が止まればほとんどは自然治癒で治りますが、重症化すると進行が止まらずどんどん大きくなったりいくつもの脱毛班ができることになったり、頭だけでなく全身の毛も抜け落ちてしまったりすることも、恐ろしい病気なのです。 生活の見直しを図ると共に、飲み薬や外用薬・ステロイド注射などで対応するしかありません。

牽引性脱毛とその原因

ポニーテールやお団子・複雑な編みこみなど女性は自身を美しく見せるために、時には長い髪が邪魔だからと結びます。カチューシャやヘッドアクセを毎日のように付けている人・ヘアアイロンを使ってストレートや巻き髪にしている人などオシャレな人ほど実は薄毛のリスクは高まるのです。

常に髪の毛が引っ張られ、物理的に頭皮への負担がかけられているのですからたとえ健康な髪でも弱ってきてしまいます。それが牽引性脱毛症です。引っ張られることで抜け毛になる現象で女性に多い脱毛症の一つです。

それを防ぐには頭皮や髪の毛に負担がかからないヘアスタイルを心がけること。常にひっつめ髪というのはやめましょう。頭皮が硬く血行が悪い状態になっているでしょうから、結ぶ時間はできるだけ短めにして頭皮のツボ押しやマッサージをしてもみほぐしてやってください。

牽引されないよう注意していればゆっくりと自然に治るはずですが、薄毛状態を不安に思いストレスを感じているのであれば自然治癒にまかせず女性向けの育毛剤などを活用してみてもよいでしょう。ただ、頭皮がかなりダメージを受けている状態のため、育毛剤は刺激の少ない無添加のものを選ぶ用意するのがおすすめです。

「女性の薄毛治療クリニック比較ガイド【おすすめの発毛専門病院】」について

女性の抜け毛・薄毛の原因は男性のものとは異なります。男女で症状の現れ方も違います。抜毛の原因が違うので対処法も変わってきます。男性は遺伝で禿げたり、生え際や頭頂部からハゲて側頭部や後頭部に毛が残っていることが多いですが、女性は全体的に少しずつボリュームが減り髪が薄くなるケースが多いです。これを、びまん性脱毛症といいます。瀰漫性脱毛症になるのは大体40代から50代くらいからで、20代や30代でなることは稀です。若い方はホルモンバランスが乱れたり、ストレスが原因となって薄毛になっていることが多いです。

女性の薄毛治療を専門とするクリニックのうち評判の良い病院をピックアップ!病院を選ぶ際に重視するポイント別・薄毛治療の種類別に比較しまとめました。薄毛で深刻に悩んでいる女性の方必見!あなたの薄毛症状に合った病院を選択し、フサフサで若々しい髪へと導きましょう。