トップページ >  女性薄毛の基礎知識 >  女性の薄毛対策シャンプー法

薄毛対策のための正しいシャンプーの仕方

薄毛は頭皮を健康な状態に保つことで防ぐことができます。 しかし、頭皮に皮脂が詰まったり、頭皮が乾燥したりすると、抜け毛が増えてしまい、結果、薄毛部分が目立ってしまうことになります。
そのため、健康な頭皮を保つためにも、正しいシャンプーを行うことがポイントになります。

薄毛対策になる!健康な頭皮を保つ正しいシャンプーの仕方

シャンプー前のブラッシング

シャンプー剤を髪の毛につけて髪の毛を洗う前に、ブラッシングを行います。 ブラッシングは、髪の毛をとかすためではなく、髪の毛の根元にある頭皮に付着した汚れを浮き上がらせるために行います。

そのため、通常のブラシではなく、毛先が丸く頭皮を傷つけずに毛穴の汚れをとってくれるスカルプブラシでブラッシングするのがポイントです。

スカルプブラシを、つむじに向けて、下から上へと動かしながら、ブラシの先が頭皮にあたるようにブラッシングします。

頭皮全体的にブラッシングを行うことで、頭皮に付着した皮脂やホコリ等の汚れを浮き上がらせることができます。


シャワーのお湯による予洗い

シャンプー剤を髪の毛につける前に、シャワーのお湯で予洗いします。

シャワーを下から頭頂部に向かって動かすようにしながら予洗いを行います。 これを行うことで、頭皮に付着した汚れの約7割を落とすことができます。


シャンプーで髪の毛を洗う

シャンプーで髪の毛を洗う際にしてはいけないことは、シャンプー剤を直接頭につけて、頭の上で泡立てながら洗うことです。
頭皮は、顔の皮膚と同じように繊細です。そのため、シャンプー剤を頭皮に直接つけてしまうと、頭皮へ刺激を与えて、皮膚炎など頭皮トラブルの原因になってしまいます。
シャンプー剤は、手のひらでしっかり泡立てたうえで使用するようにしましょう。

泡立てたシャンプーを頭にのせたら、指を開き、大きく手を振るイメージで頭皮を洗います。 次に洗う所が重なるように手を動かすようにし、洗いムラができないように頭皮をマッサージしていきます。
細かく手を動かしながら洗っていると、洗いムラができてしまう原因になるので注意して下さい。


シャンプーをすすぐ

シャンプーをすすぐ際には、シャワーの角度を変えることで、シャンプーのすすぎ残しを防ぐことができます。
シャンプーのすすぎ残しがあると、頭皮トラブルの原因となるだけではなく、背中ニキビができる等の皮膚全般のトラブルの原因にもなるので、シャワーの角度を変えながら、しっかりシャンプーを落とすようにしましょう。


髪の毛を乾かす

まずはじめに髪の毛をタオルドライしていきます。 タオルドライする際は、乾きにくい頭頂部から行うようにしましょう。

タオルドライが終わったら、髪の毛にドライヤーをあてていきます。 女性の髪の悩みで多いのが、髪のボリュームが出なくて、ぺちゃんこになること。 この悩みは、ドライヤーの使い方によって、ある程度は解消することができます。


【髪がボリュームアップするドライヤーのあて方】
①髪の根元に空気を入れるようにドライヤーをあてる
②分け目を変えて、いろんな方向から風をあてる
③耳の後ろや頭頂部にもしっかりあてることで、髪をボリュームアップさせる
④熱伝導性がよいカーラーで頭頂部を巻いて、ドライヤーをあてると、頭頂部がふんわりとなる


シャンプーを行うにあたり注意する点

シャンプーを、朝夜の1日2回行う方もいますが、シャンプーは、基本的に夜の1日1回で十分です。

どうしても朝髪を洗いたいという方は、朝の1回はお湯だけで洗うのがおすすめです。
シャンプーで洗ってしまうと、夜寝ている間にできた、頭皮の皮脂膜のバリアを洗い流してしまうことになり、頭皮が紫外線にさらされてしまい、頭皮にダメージを与え、薄毛の原因につながります。