トップページ >  女性薄毛の基礎知識 >  自分でできる薄毛対策

自分でできる!女性のための薄毛対策

専門病院で治療を受けるだけではなく、普段の生活習慣を見直す等、自分でできる薄毛解消対策もあります。


栄養バランスの良い食事の摂取

薄毛対策のポイントとなるのが、普段の食生活です。 よく、海藻を食べると髪の毛が増えるといわれていますが、海藻だけを食べていけば髪の毛が増えるというわけではありません。髪の毛には、海藻に含まれるミネラルだけではなく、主成分となるタンパク質も髪の栄養として重要となります。

ミネラルだけタンパク質だけを摂取するのではなく、栄養バランスの良い食事を摂取することがポイントとなります。 とはいっても、忙しい生活の中で、栄養バランスの良い食事を摂取するのが大変という方もいると思います。

そんな方におすすめなのは、髪の成長に必要な栄養をバランスよく含んだスムージーです。 スムージーなら、簡単に作れて、忙しい朝でも手軽に飲むことができるのでおすすめです。


【ドクターズスムージーのレシピ】
女性専用薄毛治療クリニック院長で、1万人以上の患者数の実績を持つ薄毛治療専門医の浜中聡子先生が紹介したスムージーのレシピです。

(材料)
小松菜1束・・・血液の成分である鉄分・カルシウムが豊富
にんじん1/3本・・・頭皮の乾燥を防ぐビタミンAが豊富
キウイ1/2個・・・血流を促進させるビタミンC・ビタミンEが豊富
バナナ1/2本・・・毛髪の生成を助けるビタミンB7(ビオチン)が豊富
りんご1/4個・・・ビタミン・ミネラルが豊富、甘味を与えて飲みやすくする
材料を全てミキサーにかけるだけでスムージーが完成


今ある髪をボリュームアップする方法

髪の毛のボリュームダウンが気になる方におすすめなのが、ブラッシングを行うことで、今ある髪を生かして髪の毛をボリュームアップさせる方法です。
通常のヘアスタイルの場合、根元から毛先までしっかりブラッシングをするのがおすすめですが、 パーマスタイルの場合は、根元だけをブラッシングし、毛先まではとかさないようにするのがおすすめです。


【使用するブラシ】
クッションブラシ・・・弾力があるブラシで、頭皮のマッサージ効果があり、地肌を傷めない
※クッションブラシを使うことがポイントになります。クッションブラシを使えば簡単に髪のボリュームアップができます。


【ブラシの持ち方】
ブラシは柄の部分を短く持つのがポイントです。
短く持つことで、力加減が調整しやすくなり、ブラッシングしやすくなります。


【髪をボリュームアップさせるブラッシングの仕方】

①初めに毛先からとかす

②毛並みに逆らう
つむじに向かってとかして、根元を起こしていく
リフトアップを意識して、
生え際からつむじ→おでこからつむじ→こめかみからつむじ→もみあげからつむじ
の順番に、髪の毛を下から上に持って行くようにとかしていく
※肩こりを持っている方は、血流が滞っているので頭皮のコリをほぐして血流をもみほぐすようにブラッシングしていくのがおすすめです。
※3周を目安としてブラッシングを行います。

③仕上げのポイントとして分け目を作る
いつも同じ分け目ばかりにしていると、分け目がクセとなり、髪の毛がぺたんこになる原因もなります。
また、いつも同じ部分の頭皮が紫外線にさらされることになり、頭皮が日々紫外線ダメージを受けることは、薄毛の原因にもつながります。

分け目は毎日5ミリ程度移動させることで、頭頂部の髪の毛のボリュームを少しでもアップさせることができます。 時にはいつもの逆側から分け目を作ることで、より髪の毛をボリュームアップさせることができます。


【ブラシの洗浄方法】
ブラシを日々使っていると、ブラシに皮脂やホコリ等の汚れが溜まっていき、そのまま使用していると不衛生です。 2ヶ月に1度程度のペースで、ブラシを洗浄するのがおすすめです。


①100円玉大のシャンプー剤を泡立てる
ブラシについている汚れは皮脂なので、頭皮・髪と一緒でシャンプーで落とせる
②ブラシの上に泡立てたシャンプー剤をのせ、ブラシの根元まで泡を浸透させる そのまま5分ほど置く
③ブラシの根元の汚れをすかし落とす
ブラシ専用クリーナーを使って落とすのがおすすめ
④ぬるま湯ですすぐ
⑤ブラシを下向きにして陰干しする