トップページ >  女性薄毛の基礎知識 >  女性薄毛治療で使用される漢方薬

女性薄毛治療に使われる漢方薬について

薄毛は男性特有の悩みと思っている人は多いですが、近年では女性の薄毛も増えてきています。 女性の薄毛の原因は様々なものがあり、カラーリングやパーマの負担、髪型による頭皮の負担などいろいろなことが挙げられます。

効率的に薄毛を治療したいという場合には、漢方薬を使った薄毛治療もあります。 漢方薬では女性の薄毛の原因は三種類あると考えられており、血が足りない、エネルギーが足りない、ホルモンバランスや内臓機能が落ちていると考えられています。

そのため、血液不足を補うためには血液の補うことのできる当帰芍薬散、十全大補湯などが処方されます。

エネルギーが足りないということは自律神経が乱れているということのため柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯などが良いとされています。

内臓機能自体をと取り得るのは、八味地黄丸や補中益気湯などが使用されますが、漢方薬治療では一人一人の症状や体質に合わせて薬を調合します。 漢方薬を使って体質の改善をさせることで、薄毛や抜け毛を改善していきます。

女性薄毛治療専門クリニック 無料カウンセリング・治療体験レビュー

女性の薄毛治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、女性の薄毛治療専門クリニックとして定評のある東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら