トップページ >  女性薄毛治療法の種類 >  PRP(多血小板血漿)療法

女性薄毛治療の再生医療【PRP療法】とは?

PRP(多血小板血漿)療法は最近注目を集めている再生医療のひとつで、日本でも厚生労働省からの認可を受けています。美容整形外科やスポーツ医療の世界で導入が進んでおり、女性に効果的な薄毛治療法として知られています。

PRP療法では本人の血液を少量採取し、その中の血小板から成長因子を抜き出して、頭皮に注入します。血小板は人間の体に傷ができたとき、修復する作用を持っています。すなわち細胞の分裂を促し、成長させる効果が高い成分です。

女性の薄毛はストレスや栄養の偏りなどで、毛髪サイクルが乱れたときに起こりやすくなります。血小板に含まれる成長因子は、成長の止まった毛根に作用して、再び成長期に戻す作用があります。毛髪サイクルを正常化することで、新たな発毛を促し、薄毛を解消するのがPRP療法の特徴です。

PRP療法は抜け毛を止めるだけでなく、積極的に発毛を促進することから、一度施術を受ければ効果が長続きするとされています。また薬物を使った薄毛治療とは異なり、自分自身の血液を利用するため、アレルギー反応などの副作用が少なく、頭皮の敏感な方でも施術を受けられるというメリットがあります。

女性の場合、効果の高い薄毛治療薬は副作用が心配で、とりわけ妊娠中はタブーとなることが少なくありません。そういう意味では安心な治療法といえるでしょう。保険は利かないので治療費は高くなりがちですが、半永久的な効果を求める女性に人気のある治療法です。

女性薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリング・治療の流れ

女性の薄毛治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、女性の薄毛治療専門クリニックとして定評のある東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療の流れについて取材しました。
東京ビューティークリニックのカウンセリングの流れはこちら