トップページ >  女性薄毛治療法の種類 >  治療薬パントスチン

女性薄毛治療薬パントスチンの特徴と育毛・発毛効果

女性薄毛治療薬として代表的な治療薬であるパントスチン。
パントスチンに含まれている有効成分のアルファトラジオールには、薄毛の原因となる成分を抑制し、頭皮内で毛根を傷めるジヒドロテストステロンを阻害することで、毛根を外的刺激などから守りながら抜け毛を抑制する効果があるので、女性の薄毛治療のスタンダード薬としてよく使用されています。

また、アルファトラジオールは局部的に5αリダクターゼを阻害し、テストステロンから毛根を痛めるDHTへの変換を阻止することで毛根がこれ以上傷まない状態を作ることができるので、薄毛の初期段階で使用することによって発毛機能が回復し、再び元気で強い毛髪を新しく作りだすことができるようになります。副作用が少ない薬なので、育毛を促す薬と併用しながら長期的に使用することで高い効果を期待することができます。

パントスチンの服用期間・副作用について

女性薄毛治療薬のパントスチンを使用した方々から報告されているのは、早い方の場合だと使用開始から1ヶ月で薄毛が解消されてきたという事です。
もちろん1ヶ月で変化が無かったとしても慌てる必要はありません。その理由はメーカー側がパントスチンを服用した後に効果が感じられるまでの期間は3ヶ月から半年程であると公表しているためです。

この期間が必要であるのにはれっきとした理由があり、それは毛髪の生え変わりの毛周期に合わせているためです。
そのため次の成長期の段階ではこれまでよりも力強くて、太い髪の毛が生えてくるようになります。 また毛周期のサイクルは個人差が大きいですし、薄毛の方が尚更乱れている可能性があるので6ヶ月間服用する事も通常使用の範囲内です。

このようにパントスチンを長い間使い続けるとなれば副作用が心配になりますが、精神面などには何も悪影響が無いですしせいぜい頭皮がデリケートな方が若干炎症に見舞われる程度です。

女性薄毛治療専門クリニック 無料カウンセリング・治療体験レビュー

女性の薄毛治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、女性の薄毛治療専門クリニックとして定評のある東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療に関して体験してみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら