トップ > 女性薄毛治療法の種類 > 治療薬パントガール > 女性薄毛治療薬パントガールの特徴と育毛・発毛効果

女性薄毛治療薬パントガールの特徴と育毛・発毛効果

女性の薄毛症状で特に多いのが、びまん性脱毛症。 髪の毛が全体的に抜け落ちることで薄くなり、分け目部分の地肌が透けてみえるのが特徴です。 びまん性脱毛症は、加齢が原因であることが多いですが、ストレスや無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れなども一因であると考えられており、若い働く女性でも薄毛に悩む方が多くなっています。

パントガールは、女性特有の薄毛症状であるびまん性脱毛症に効果を発揮する治療薬といわれています。出産後の抜け毛増加に伴う一時的な薄毛にも効果的とされています。

パントガールの効果・副作用

パントガールには、髪の毛が生える毛根を活性化させることで、細胞の代謝を促進させる作用を有しており、健康的な髪をつくるのに欠かせない栄養成分を配合しています。パントガールを服用し続けることで、抜け毛を減少させる効果が期待できます。

パントガールは、服用するとすぐに効果を実感するわけではなく、ある程度の期間服用し続ける必要があります。効果を実感する服用目安は3ヶ月といわれています。

パントガールは医薬品ですが、配合されている成分は、サプリメントのような栄養成分であることから、ミノキシジルなどの他の治療薬と比べて、副作用はほとんどなくおだやかに作用する治療薬であるため、安心して使用することができます。

パントガールの個人輸入はリスク大

女性用の育毛薬として有名で、女性特有のびまん性脱毛症に効果が期待できるパントガール。 AGA治療専門クリニックだけではなく、皮膚科での処方も可能であり、個人輸入でも入手することができます。

価格面を比較すると、最も安いのが個人輸入での購入です。 しかし、パントガールを個人輸入で入手する際、以下のリスクが生じます。


偽薬のパントガールを入手してしまう可能性がある

価格が安いパントガールを入手しようとすると、知らぬ間に正規品ではない偽物のパントガールを購入してしまう危険性があります。


自分の薄毛症状に合わず、効果がないまま服用を続ける

女性の薄毛症状は、びまん性脱毛症だけではなく、悪玉脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)が主な原因であるFAGAなども存在します。自分の薄毛症状がわからないまま、パントガールを自己判断で服用し続けても、自分の薄毛症状に合わなければ服用自体がムダになってしまいます。


特に、薄毛は、患者の体質・遺伝・薬への感受性に加え、薄毛の進行具合なども考慮して治療を進める必要があります。患者1人1人症状が異なるため、自分に合った治療法を選択することで、十分な発毛効果を実感することができます。

そのため、女性の薄毛治療を数多く経験してきた専門医が在籍している薄毛治療専門クリニックで、自分に合った治療を判断してもらうのがおすすめです。

女性の薄毛症状で特に多いのが、びまん性脱毛症。 髪の毛が全体的に抜け落ちることで薄くなり、分け目部分の地肌が透けてみえるのが特徴です。 びまん性脱毛症は、加齢