トップ > 女性薄毛治療法の種類 > HARG(ハーグ)療法 > 最新の女性薄毛治療法・HARG(ハーグ)療法の特徴

最新の女性薄毛治療法・HARG(ハーグ)療法の特徴

薄毛治療で最も一般的な治療法は、パントガールやミノキシジルなどの投薬治療です。薄毛に悩んだ方の多くが最初に行う治療法となっています。ところがなかには、治療薬の投与だけでは、薄毛が治らないという方もいます。 そんな方に提案される治療法のなかに、最先端の毛髪再生治療法があります。それが、HARG(ハーグ)療法です。

多くの治療法は、薄毛治療の先進国であるアメリカで開発されたものですが、HARG(ハーグ)療法は、日本で開発された薄毛治療法として注目されています。

HARG(ハーグ)療法は、人間の幹細胞から抽出された成長因子カクテルを直接頭皮に注入する治療法です。 頭皮にカクテルを注入することで、毛髪のもとになる幹細胞を活性化させるため、高い発毛効果が期待できる治療法として注目されています。

HARG(ハーグ)療法のメリット

副作用のリスクが低い
治療薬を内服するのではなく、頭皮に直接注入することから、内臓に負担がかかることはないため、副作用のリスクが軽減されています。
高い発毛効果が期待できる
発毛実感率が高い治療法で、一般的な薄毛治療薬の投与では発毛効果がなかった方でも発毛を実感しやすいです。

HARG(ハーグ)療法のデメリット

治療費が高額である
他の治療法と比べると、治療にかかる費用がかなり高額です。 薄毛治療は自由診療であるため、クリニックによってかかる治療費は異なりますが、相場は1ヶ月あたり10万円~20万円程度で高額です。 治療を受けた患者が発毛するまでにかかる期間は平均3ヶ月~4ヶ月といわれていますが、トータルでかかる治療費を比べてみても、他の治療法よりも高いです。
注入する成分や注入方法もクリニックによって異なる
注入する成分や方法など、クリニックによって異なることから、どこのクリニックで受けても同じ発毛効果が得られるとは限りません。 日本国内においてHARG(ハーグ)療法の検証と施設設定を行っている日本医療毛髪再生研究会に施術施設として設定されたクリニックを選んで治療を受けることをおすすめします。
薄毛治療で最も一般的な治療法は、パントガールやミノキシジルなどの投薬治療です。薄毛に悩んだ方の多くが最初に行う治療法となっています。ところがなかには、治療薬の