トップページ >  女性薄毛の基礎知識 >  FAGA(女性男性型脱毛症)の分類

女性のAGA(女性男性型脱毛症・FAGA)の分類について

薄毛の悩みというと男性特有と思っている人も多いと思いますが、女性でも髪の毛のボリュームが減ってしまったり髪の毛が細く元気がなくなってしまったといった薄毛の悩みを抱えている人は多いものです。女性の薄毛はFAGAと呼ばれており、様々な原因によって引き起こされています。 女性のAGA(女性男性型脱毛症・FAGA)には、ルードウィッグ型・クリスマスツリー型・ハミルトン型という3つの種類があります。ルードウィッグ型は頭頂部から後頭部にかけて薄毛になるもので、一番多いタイプと言われています。前頭部にまで薄毛が広がることはありません。クリスマスツリー型はルードウィッグ型に次いで女性に多いタイプです。前頭部から頭頂部にかけて髪の毛が薄くなるもので、人によっては後頭部にまで及ぶこともあります。前髪の生え際が後退してしまったり、分け目が薄くなってしまったりします。ハミルトン型は、生え際部分のみが薄くなっていくタイプになります。 FAGAの中でもハミルトン型は男性型脱毛症に近いタイプで、男性ホルモンの影響によって引き起こされると考えられています。女性も男性に比べるとその量はわずかですが、男性ホルモンが体内に存在しています。ホルモンバランスの乱れなどによって女性ホルモンの分泌量が減り、相対的に男性ホルモンの量が増えてしまいます。それが薄毛や抜け毛に繋がるのです。ただし、女性ホルモンの分泌量は減るものの無くなってしまうことはないので、髪の毛が全て抜けてしまうといったことにはなりません。

女性薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリング・治療の流れ

女性の薄毛治療の無料カウンセリング・治療の流れってどんな感じなの?実際に行く前に、クリニックの雰囲気を知りたい! ということで、実際に、女性の薄毛治療専門クリニックとして定評のある東京ビューティークリニックへ訪問し、無料カウンセリング・治療の流れについて取材しました。
東京ビューティークリニックのカウンセリングの流れはこちら