トップ > 女性薄毛の基礎知識 > FAGA(女性男性型脱毛症)とは? > 女性の薄毛・FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

女性の薄毛・FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

男性の薄毛として代表的な症状・AGA(エージーエー・男性型脱毛症)。大人になってから額の生え際や頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。その原因は、老化・ストレス・生活習慣の乱れなどがあげられますが、近年、女性の社会進出に伴い、女性も男性と同様、薄毛に悩む方が増えてきています。

働き過ぎの女性は、過度のダイエット、食生活の乱れ、ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが強くなることから、女性の男性化の症状がみられるようになっています。そのため、女性でも、男性同様、頭頂部や前頭部が薄くなるAGAで悩む女性が増えています。このような女性の薄毛を、男性のAGAに女性という意味の「Female」を加えて、FAGA(エフエージーエー・女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

FAGAは進行性の疾患であり、治療せずに放置しておいても改善することはありません。改善させるためには、積極的な治療を行う必要があります。

女性の薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ

髪の毛に1本1本寿命があり、以下のヘアサイクルを繰り返しています。
伸びる(成長期)⇒抜ける(退行期)⇒生える(休止期)

このヘアサイクルのなかで、髪の毛を作り出す上で最も重要な期間は成長期です。 この成長期に、髪の毛を生やす毛包を十分成長させることで、太くて固い髪の毛を作り出すことができます。

ところが、薄毛の方は、ヘアサイクルで大事な成長期に、DHT(ジヒドロテストステロン)という成長期を短くする原因物質や、ストレスや生活習慣の乱れなど、様々な原因により、毛包を十分に成長させることができないため、髪が細くなる、抜けるなどの症状がみられるようになります。

一般に健康的なヘアサイクルでも、髪の毛は、1日平均100本前後抜けるといわれており、抜ける髪の毛も、長くて固い髪の毛であるのが特徴です。一方、乱れたヘアサイクルの場合、1日に抜ける髪の毛の量が増えるのはもちろん、抜ける髪の毛が、短くて柔らかい髪の毛であるのも特徴です。

薄毛の原因には女性特有の原因もあり!

女性が薄毛になる原因として、老化やストレスによるホルモンバランスの乱れや血流不良・睡眠不足・シャンプーのすすぎ残しなど生活習慣の乱れや遺伝によるものがあげられます。

男性の薄毛の場合も、同様の原因があげられますが、女性の薄毛の原因として、これら以外にも、女性特有の冷え性や出産後の抜け毛・過度のダイエットなどがあげられます。 女性の薄毛治療を行う際は、女性特有の原因についても留意しながら治療を進めていく必要があります。

女性の薄毛で最も多い症状はびまん性脱毛症

女性の薄毛症状で最も多いといわれているのが、びまん性脱毛症です。 びまん性脱毛症は、女性が髪が細くなり、全体ボリュームが減っていき、間引きされたように髪の毛が抜けていくのが特徴です。

一方、男性の薄毛症状として多いAGAは、一般的に額・生え際・頭頂部から脱毛が進行していく症状が特徴で、症状を放置しておくと、完全に髪の毛が抜け落ちる方もいます。

男性の薄毛として代表的な症状・AGA(エージーエー・男性型脱毛症)。大人になってから額の生え際や頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。その原因は、老化・ストレス・